スカイマーク支援、ANAホールディングス支援案を可決

sky

きょう8月5日午後に開催されたスカイマークの債権者集会で、ANAホールディングスやインテグラルが支援する債務者案が可決された。

ANAホールディングスは、燃料の共同調達や共同運航(コードシェア)などでスカイマークを支援する。

一部報道では、債権の約95%を占める大口債権者4社のうち、エアバスやロールスロイスが債務者案へ投票したとしている。最大債権者のイントレピッドが提出した、デルタ航空をスポンサーとする債権者案は大口債権者の支持を得られなかった。

この後、スカイマークやANAとイントレピッドは国土交通省で会見を開く予定。

■関連記事

イントレピッド、スカイマーク再生債権者計画案を公表 デルタ航空をスポンサーに第三極維持

イントレピッドCEO、「全利害関係者に最善の形でスカイマーク再建がなされるべき」 デルタ航空はコードシェアに意欲

ANAHD、スカイマーク支援 100%減資で総額180億円を出資へ


詳細はこちら