和歌山とマレーシアが急上昇 楽天トラベル、2015年シルバーウィーク人気急上昇エリアランキングを発表

rakutentravel

楽天トラベルは、シルバーウィーク期間中の「人気急上昇エリアランキング」を発表しました。

2015年のシルバーウィークの旅行動向は、国内旅行が前年同期比プラス200.8 %、海外旅行が同99.3%となり、国内外共に高い伸び率を示しています。国内旅行の予約ピークは連休2日目の20日となっており、特に前半の5連休期間は昨年に比べ約4倍。さらに、平日を含む後半についても同55.5%と好調です。加えて、宿泊単価も同21.0%と大幅に増加し、レジャー利用による高単価宿泊プランの人気が押し上げの要因と考えられます。予約のリードタイムは、半年以上前の予約が同373.2%と飛躍的に伸びており、早期予約が好調となっています。

急上昇ランキングでは、今年で開創1200年を迎える高野山がある和歌山県が同615%の伸びを見せ国内第1位に。海外では、今年9月より全日空の直行便が就航するマレーシアが同738%の伸びを見せ第1位になっています

■国内旅行先ランキング(括弧内は伸び率)
1位:和歌山県(+615.8%)
2位:滋賀県(+527.3%)
3位:三重県(+484.5%)
4位:福井県(+423.6%)
5位:栃木県(+400.9%)
6位:山形県(+381.9%)
7位:鳥取県(+369.5%)
8位:山口県(+366.2%)
9位:富山県(+357.6%)
10位:熊本県(+351.5%)

■海外旅行先ランキング(括弧内は伸び率)
1位:マレーシア(+738.7%)
2位:タイ(+292.8%)
3位:インドネシア(+272.0%)
4位:台湾(+242.0%)
5位:香港(+220.9%)
6位:アメリカ合衆国(+188.0%)
7位:中国(+179.5%)
8位:シンガポール(+165.1%)
9位:サイパン(+112.8%)
10位:グアム(+54.4%)

詳細はこちら