ラッキーエア、名古屋/中部〜長沙線就航 7月30日からチャーター便で週3便

luckyair

中国・昆明を拠点とする、海南航空グループの格安航空会社(LCC)の雲南祥鵬航空(ラッキーエア)は、あす7月30日より、名古屋/中部〜長沙線でチャーター便の運航を開始すると発表した。

雲南祥鵬航空にとって日本初就航となり、シンガポール、サムイ、台中に次いで、国際線で4都市目の就航都市となる。今後、定期便化を目指すとしている。

機材は、エコノミークラス186席を配したボーイング737−800型機を使用する。

雲南祥鵬航空は、ボーイング737-700型機を11機、737-800型機を)8機、エアバスA319型機を3機の計27機を保有し、中国国内外46空港を結んでいる。

 

■ダイヤ
8L9674 名古屋/中部(15:20)〜調査(18:00)/火・木・土
8L9673 長沙(10:05)〜名古屋/中部(14:20)/火・木・土

詳細はこちら