“まくら投げ”の全国大会が開催決定 今年は首都圏でのプレイベントや予選会も

34520_qkUpiqafzDs

toizは、全日本大学まくら投げ連盟、早稲田大学公認サークル「Sports of Japan」の学生達と協力して、日本初となる「スポーツとしてのまくら投げ」を競技種目としたプレイベントを8月9日に所沢市民体育館サブアリーナにて開催します。

その後、首都圏予選会を10月25日に行い、予選を勝ち抜いたチームは静岡県伊東市で2016年2月27日と28日の2日間に渡って開催される全国大会への優先出場権を得ることができます。全国大会は今年で4回目の開催となりますが、参加チームの増加に伴って今年からは首都圏予選会を開催することとなりました。

日本全国の大学へスポーツとしてのまくら投げを広めるため、”全日本大学まくら投げ連盟”も発足し、スポーツとしてのまくら投げは益々盛り上がりを見せています。

スポーツとしてのまくら投げは、40畳の畳の上で8対8の団体戦で行われ、大将がまくらにヒットし”就寝”させられてしまうと負けとなります。