ボーイング、日本の主要パートナーと777X開発・製造に関する契約に調印

777x

ボーイングと日本の機体主要パートナーは、7月23日、ボーイング777Xの開発・製造に関する正式契約に調印した。

これは2014年にボーイングと、三菱重工業、川崎重工業、富士重工業、新明和工業、日本飛行機の5社(JAI)と日本航空機開発協会(JADC)が発表した、主要構造部位の約21%を日本の航空機メーカーが製造分担するという合意覚書を、契約諸条件を盛り込み契約文書にまとめたもので、分担部位としては胴体、中央翼、圧力隔壁、主脚格納部結合、客室扉、貨物室扉、主脚扉、翼胴フェアリング等が含まれている。

 
ボーイング民間航空機部門でサプライヤー・マネージメント担当バイス・プレジデント兼ゼネラル・マネージャーを務めるケント フィッシャー氏は、「日本のパートナーは常に最高水準のパフォーマンスを見せてくれており、現行777の大いなる成功にも大変貢献してくれています。我々は777Xを競争力のあるものにするための努力を続けており、彼らはカスタマーに対するコミットメント、刻々変わる市場の要求に応えられる、パートナーシップの一つの模範例になっています」と述べている。
 
ボーイングの日本からの調達規模は、今回の契約締結により、今後5年間で約360億ドル(約4兆4,000億円)に達すると予測されている。

777Xは現在6社が306機を確定発注。2017年に生産を開始し、2020年の初号機納入を予定している。

詳細はこちら