成田空港に交通情報案内のデジタルサイネージ導入 ホームページ連動やスマホ表示も

NAA

成田空港に、国内の空港で初めてとなる、交通アクセス情報総合ナビゲーション・デジタルサイネージを設置する。7月30日より運用を開始する。

主要方面別の時刻表や、各交通機関の運行情報等を一元的に表示する大型ディスプレイ(パブリックディスプレイ)と、ホテルやランドマーク、駅等までのバスを含めた最適なアクセス手段を検索できる小型ディスプレイ(交通案内検索システム)で構成。あわせて、成田空港ホームページでも、連携した経路検索サービス「成田空港アクセスナビ」を同時公開する。

 

大型ディスプレイでは、成田空港発の鉄道運行状況と高速道路混雑状況が切り替わり、主要地までの鉄道と道路の所要時間を、時間帯や交通状況に応じて可変表示。小型ディスプレイでは、

歩く速度をゆっくりに設定し、乗り換え回数が少なく、複雑な駅を利用しないように設定した「ゆったり経路で検索」モードなどで乗換方法を案内するほか、ホテル名やランドマーク、駅名を入力するだけで最適なアクセス手段と所要時間を案内。検索結果はスマートフォンにも表示させることができる。

運用時間は午前4時から午前1時まで。ウェブサイト「成田空港アクセスナビ」は24時間。設置場所は、第1ターミナル北ウイング1階と南ウイング1階、第2ターミナル本館1階のAゾーンとBゾーン、第3ターミナル2階フードコート脇。日本語、英語、中国語繁体字・簡体字、韓国語に対応する。