プリンスホテル、旧グランドプリンスホテル赤坂の旧館「旧李王家東京邸」にカジュアルイタリアンやカフェ新設へ

prinshotel


プリンスホテルは、旧グランドプリンスホテル赤坂の旧館「旧李王家東京邸」を、文化財の“保護”と“利活用”を主軸に置きつつ料飲施設やバンケットなどを備えた「赤坂プリンス クラシックハウス」として営業すると発表した。

「旧李王家東京邸」は、1930年に旧宮内省内匠寮の工務課長として活躍した北村耕造氏と、技師の権藤要吉氏らの設計により建設され、1955年の開業。半世紀に渡り、ホテル、レストラン、バーやバンケットとして使用された。
「東京ガーデンテラス」の開発を行う西武プロパティーズは、「旧李王家東京邸」を「東京ガーデンテラス」全体を象徴する重要なシンボルと位置付け、東京都の指定有形文化財として高い価値を有する同館の保存に努めており、建設当時の詳細な資料などを基に照明器具や外壁などの主要部分を当時の状態に復原し、気高く優雅な往時のしつらえを取り戻すと同時に、現代の多様なニーズに応えるため、最新の機能を備えたバンケットを増築する。
ドレスコードなどを設けない気軽さをあわせ持つカジュアルフレンチレストラン、多くの赤プリファンが親しんできたクラシックバーが“赤プリ「ナポレオン」復活”をコンセプトに生まれ変わった「バー ナポレオン」、“優雅な時間”をコンセプトに、竣工当時の面影を色濃く留めている空間でアフタヌーンティーなどが楽しめるカフェも設けられる。
一般宴会と婚礼の予約方法は、きょう7月22日午後5時よりウェブサイト上で案内する。