USJ、「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」開業1周年を記念してゲートオープン・セレブレーションを実施

mai

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は7月15日、開業1周年を迎えたことを記念し、ゲートオープン・セレブレーションを実施しました。

セレブレーションでは、ホグワーツ魔法魔術学校・ダームストロング校・ボーバトン校の生徒たちや、ホグワーツ特急の車掌がホグズミード村入口のアーチ前に集まり、小さなハリー・ポッター・ファンの子どもたちとともに、この日だけの華やかで特別な演出でゲートオープンの瞬間をお祝いしてゲストを迎えました。

埼玉県から来場した女性は「先頃3Dになったハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニーを楽しみに来場した。リアルな世界観、とくにホグワーツ城が魅力的」と語り、笑顔でホグワーツ城へと向かいました。また、大阪府から来場した女性は「今日がハリー・ポッター開業1周年と知って来場した。街並みがとても素敵で、来るたびにドキドキする」と魅力を語っています。

■関連記事
USJの「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」が早くも進化 きょうオープン