エアアジアXの株式取得に少なくとも2つの航空会社が関心 ザ・スター報じる

taax

シンガポール紙のザ・スターは、エアアジアXの株式の取得に、中東とヨーロッパの少なくとも2つの航空会社が関心を持っていると報じた。

エアアジアXの2014年通期の決算によると、運航コストの増大や為替差損、マレーシア航空機とインドネシア・エアアジア機の墜落事故などの影響で約169億円の赤字だった。

加えて、6月には香港の調査会社GMTが、不正会計疑惑を発表。過去5年間に、インドネシアとフィリピンの子会社を通じて約39%の利益の水増しが指摘された。トニー・フェルナンデス最高経営責任者(CEO)はこれを否定している。

詳細はこちら