FAA、ボーイング747-8型機の改善命令 振動で翼破壊の恐れ

747-8

アメリカ連邦航空局(FAA)は、ボーイング747−8型機で「フラッター現象」と呼ばれる振動が稀に起きる可能性があるとして、改善を指示する「耐空性改善命令」を発令した。

特定のシステム障害が重なった場合のみ起きる現象で、振動が増大すると翼を破壊する恐れがある。

同型機は日本では日本貨物航空の貨物機として導入されている。旅客便としては日本の航空会社は運航していない。大韓航空やルフトハンザ・ドイツ航空、中国国際航空、キャセイパシフィック航空などが導入または導入を計画している。 

詳細はこちら