イギリスの男性歌手が機内で熱中症で倒れる! 追加料金避け手荷物の服を全部着用

rewind0713

イギリスのバンド、リワインド(REWIND)のメンバーの一人ジェームズ・マケルバーさんが、ロンドンからグラスゴーに向かう際、多くの手荷物による超過料金を避けるため、荷物の衣類すべてを身にまとい搭乗し、後に熱さに耐えきれず機内で熱中症で倒れたとイギリスのザ・サンが伝えた。

その日、ヨーロッパの格安航空会社(LCC)のイージージェットで移動しようとした彼は、航空券予約時の想定を超えた量の手荷物を抱えていたために手数料45ポンド(約8,500円)を請求された。その支払いを避けるため、Tシャツ6着、ジャンパー5着、スウェットパンツ2着などの衣類計20着をすべて身につけ搭乗した。

無事に座席にたどり着いたものの暑さに耐えきれず、シートベルト着用もままならい状況で、離陸後、気分が次第に悪くなり機内で倒れた。グラスゴー国際空港に到着後すぐに救急車で病院に搬送され、一命は取りとめ、現在は体調も良くなってきているという。

詳細はこちら