エミレーツ航空、イラン・マシュハド就航 9月1日から週5便

EK

エミレーツ航空は、9月1日より、ドバイ〜マシュハド線に週5便就航すると発表した。

マシュハドはイラン第2の都市で、年間200万人を超える旅行者が訪れるほか、中央アジア諸国に近接する優位性を生かし、毎年数多くの国際見本市が開催されている。エミレーツ航空にとってテヘランに次いでイラン2都市目の就航となる。

ドバイ発のEK967便は午前4時10分にドバイを出発し、午前7時にマシュハドに到着。折り返しのEK968便は午前8時45分にマシュハド国際空港を出発し、午前10時45分にドバイに到着する。いずれの便も、日・月・火・水・金曜に運航する。

機材は、ファースト・ビジネス・エコノミーの3クラス制かビジネス・エコノミーの2クラス制のエアバスA330-200型機を併用導入する。

■ダイヤ
EK967 ドバイ(04:10)〜マシュハド(07:00)/日・月・火・水・金
EK968 マシュハド(08:45)〜ドバイ(10:45)/日・月・火・水・金

詳細はこちら