羽田空港に次世代ロボット導入へ 次世代型ロボット化空港モデルの創出を目指す

cyberdine

日本空港ビルデングとCYBERDYNE(サイバーダイン)は、羽田空港へ次世代型ロボット導入等における業務提携に関する基本合意書を締結した。

サイバーダインが開発・製造したロボットスーツHAL作業支援用(腰タイプ)、クリーンロボット、搬送ロボット等を導入するほか、空港での販売促進や保守サービスを行う。また、日本空港ビルの持つ空港事業における知見や実績と、サイバーダインの持つサイバニクス技術を活かした、次世代型ロボット化空港モデルの創出を目指す。

サイバーダイン、今後、「世界に先駆けた、空港におけるロボット技術活用の未来像」を創出し、より魅力ある羽田空港の発展に貢献していくとしている。