GfK、レジャーに費やせる時間に対する満足度調査を発表 日本の満足度は最下位に

rejya-

GfKは、世界22カ国27,000人を対象に「レジャーに費やせる時間に対する満足度調査」を実施し、結果を発表しました、

調査によれば、世界では58%がレジャーの時間を満足だと感じており、不満であると回答した割合は18%という結果となっています。

rejya-gurafu

国別に見てみると「満足している」の割合が最も多い国はアメリカに。69%の人がレジャーに満足できる時間を費やせていると考えています。一方で最も「不満である」と回答した国はロシアで、31%がレジャーに満足できる時間を費やせていないと考えています。

日本を見てみると「満足している」と回答した人は38%、「不満がある」と回答した人は30%にのぼっています。「満足している」が38%というのは22カ国中最も低く、日本人はレジャーに費やせる時間が取りにくい環境や心情があることが伺えます。

年代別に「満足している」と回答した割合を見てみると、60歳代以降では61%と高い一方で15~19歳では28%と世界の平均を30%以上下回っており、その理由としては高校受験や大学受験などの受験勉強でレジャー活動ができなくなってしまうことなどが関連していると考えられます。

詳細はこちら