【フォトレポート】「ANA FAST TRAVEL」発表会 自動手荷物預け機と新自動チェックイン機お披露目

NH

全日空(ANA)は、空港到着から搭乗までの流れをよりシンプルでわかりやすく、スムーズにする新たな搭乗スタイル「ANA FAST TRAVEL」を羽田空港第2ターミナルで導入を開始した。

自動手荷物預け機を活用した「ANA Baggage Dropサービス」と、今秋から導入を計画している「新自動チェッキイン機」のフォトレポートをお送りする。

NH1

7月1日から利用を開始したのは、34番カウンターにある自動手荷物預け機5台。

NH5

機械に荷物を入れて、搭乗券の二次元バーコードなどを機械にかざす。

NH2

すると、自身でタグが発券される。

NH4

裏面はシールになっており、そのまま貼ることが出来る。

NH6

かばんにはこのような状態で取り付ける。

NH7

危険物の有無はタッチパネルで確認される。

NH3

その後に扉が閉まり、控えが発券される。

NHNH2

2015年秋に導入される新しい自動チェックイン機は画面のサイズが17インチから19インチに拡大。スリム化したほか、従来あった機械全てを1台にまとめることができた。

NHNH1

NHNH3

チェックイン、航空券の新規登録、マイル登録、領収職工、フライト・座席変更、Edyメニューのほか、欠航や遅延時の予約変更や払い戻し、チェックイン後の座席変更・マイル登録・領収書の発行、国際線航空券の国内区間のチェックインなどの新しい機能も。一部機能は2016年冬から導入する。

■関連記事
ANA、自動手荷物預け機や新自動チェックイン機導入 多言語対応や予約変更、払い戻しも

詳細はこちら