ANA、自動手荷物預け機や新自動チェックイン機導入 多言語対応や予約変更、払い戻しも

NH

全日空(ANA)は、空港到着から搭乗までの流れをよりシンプルでわかりやすく、スムーズにする新たな搭乗スタイル「ANA FAST TRAVEL」を羽田空港第2ターミナルで導入すると発表した。

NH1

あす7月1日から導入する自動手荷物預け機 「ANA Baggage Dropサービス」は、利用者が自分で自動手荷物預け機の中に荷物を入れ、表示される案内に従って預け入れることができる。日本語、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語の4ヶ国語に対応する。中部国際空港での実証実験では、係員を介して預け入れる場合と利用者は自身で預け入れる場合で所要時間は同じだったものの、台数が増えることにより、待ち時間が短縮されるとしている。

NHNH2

また、2015年秋ごろより新自動チェックイン機の導入を開始し、2015年度中に国内全空港に展開する。操作画面が17インチから19インチに拡大したほか、画面のデザインも一新。見やすさや使いやすさが向上した。日本語、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語の4ヶ国語に対応する。

さらに、従来はカウンターで行っていた、欠航や遅延時の予約変更や払い戻し、チェックイン完了後の座席変更、マイル登録、領収書の発行、国際線航空券の国内区間のチェックインもできるようになる。一部の機能は2016年冬に導入する。

2016年春頃には、利用カウンターが一目でわかるデザインに、出発ロビーのレイアウトや案内表示を変更。ANA Baggage Dropと新自動チェックイン機を中央に集約して配置することで、シンプルなレイアウトになる。また、文字や数字、記号、色による案内のほか、ピクトグラムを利用することで、訪日外国人などにもよりやさしい案内を行う。

詳細はこちら