キャセイパシフィック航空機、複数機材の給水タンクから細菌 乗客にボトル配布

P1000016

香港保健局は、キャセイパシフィック航空機の給水タンクのサンプリング検査で、細菌が見つかったと発表した。

キャセイパシフィック航空は14機のうち9つの給水タンクですでに清掃と消毒作業を行ったほか、給水していた香港エアクラフト・エンジニアリング・カンパニー(HAECO)は11台の給水車で消毒をおこなった。問題が発覚した機材には、HAECOの4台の給水車が給水したことがわかっている。給水車と給水タンクともに、定期的に洗浄が行われている。

機内では、全クラスでペットボトルに入った水を提供し、乗客には歯磨き等で口に含まないように呼びかけている。