ニュージーランド航空、8月10日よりボーイング787-9型機を日本線全便に投入!

NZ1

ニュージーランド航空は、東京/成田〜オークランド線の全便に、8月10日よりボーイング787−9型機を投入すると発表しました。

現在運航している、ボーイング767−300型機を置き換えることで、1便当たり約70席、月間で3.9%供給席数が増加します。

NZ2

8月の予約数は昨年比17%増となっており、日本・韓国・東南アジア地区支社長のスコット・カー氏は、「ニュージーランドへの旅行需要の高まりやお客様やお取引先からの支持が得られていることを示しています。 今回の供給増で、 市場の更なる活性化を狙います。」とコメントしています。

ボーイング787-9型機は、「ビジネス・プレミア」「プレミアム・エコノミー」「エコノミー」の3クラスのほか、エコノミー前方窓側の一部シートは「スカイカウチ」として横3列のフットレストを座面と同じフラットな状態にして使用することができます。

12月から2016年3月までの繁忙期には、週10便に増便する計画としています。

■ダイヤ

NZ90 東京/成田(18:30)〜オークランド(08:20+1)
NZ99 オークランド(09:40)〜東京/成田(16:50)

■関連記事

ニュージーランド航空、エコノミークラス3席をフラットベッドにできる「スカイカウチ」を日本線でもサービス開始!

ニュージーランド航空、ボーイング787型機を東京/成田〜オークランド線に毎日投入へ! 上海/浦東線への投入を延期

詳細はこちら