ANA、ハラール認証の機内食メニュー拡充 7月から

ANA(メイン)

全日空(ANA)は、7月よりハラール認証を受けた機内食メニューを拡充すると発表した。

ANAは、ハラール食の世界最大手であるマレーシアのBrahim’s Holdings Berhad(ブラヒム)と業務提携を行っているほか、ANAケータリングサービス川崎工場でハラール認証を2014年7月に取得するなど、ハラール食への対応と品質を強化。ハラール認証を受けた機内食のオーダー数は、2015年度は2011年度と比較して約2倍となっていることや、9月1日にイスラム教徒が人口の6割を占めるクアラルンプール線に就航を行うことから拡充を決めた。

ブラヒムとANAケータリングサービスが共同開発した「オリジナルチキンカレー」は、日本発着のヨーロッパ・シンガポール線と日本発の北米線のファーストクラスで7月1日から、日本発着のジャカルタ・クアラルンプール線のビジネスクラスでは9月1日から提供。

クアラルンプール発成田行きの朝食では、「ブラヒム」によるハラール認証メニューを特別機内食ではなく通常メニューとして提供する。9月のメニューは、ビジネスクラスは「鶏粥」か「ローストチキンとチーズのパニーニ」、エコノミークラスは「鶏粥」か「トマトオムレツ チキンソーセージ添え」となる。

さらに、1688年にフランスの司教が残した伝説のレシピを復元して作られ、ハラール認証も獲得したノンアルコールのスパークリングワイン「1688 グランロゼ」を、日本発着国際線全路線のファーストクラスとクアラルンプール線のビジネスクラスで提供。クアラルンプール線ではビジネスクラスとエコノミークラスの日本茶もハラール認証を取得したもの、国際線全路線ではハラール認証を取得したおつまみを提供する。

■関連記事
ANA、東京/成田〜シンガポール・バンコク線の増便を正式発表! 1日2便体制に
ANA、東京/成田〜クアラルンプール線開設を発表 9月1日から

詳細はこちら