【フォトレポート】JAL、ボーイング787−9型機を報道陣に公開 7月からジャカルタ線投入

jl787-19

日本航空は、6月19日、成田空港内の格納庫で、7月から東京/成田〜ジャカルタ線より投入を開始する、ボーイング787−9型機の機内を公開した。

フォトレポートとして、機体と機内の様子をお届けする。

jl787-5
 
ビジネスクラス「JAL SKY SUITE」は、2-2-2の配列で44席を設置。ボーイング787−8型機より6席多い。

jl787-4
 
jl787-1

jl787-13

jl787-16

jl787-21

jl787-22

jl787-12

プレミアムエコノミー「JAL SKY PREMIUM」は、2-3-2の配列で35席を設置。ボーイング787-8型機と席数は同じ。

jl787-14

jl787-18

jl787-7

jl787-6

エコノミークラス「JAL SKY WIDERⅡ」は、2-4-2の配列で116席を設置。ボーイング787−8型機より28席多い。

jl787-9

jl787-11

機内エンターテイメントは、最新の「MAGIC-Ⅵ」を搭載しており、5ヶ国語に対応する。

jl787-17

ラバトリーは、全クラスでウォシュレット付きとなっている。

jl787-23

コックピット。

jl787-3

jl787-8

jl787-10

jl787-15

jl787-24

jl787-20

jl787-19

機体全景。

ボーイング787−8型機より全長は6.1メートル長い62.8メートル、航続距離は100キロメートル長い14,800キロメートル、貨物容量は29.9平方メートル大きい154.4平方メートルとなる。機体幅と高さは変わらない。

jl787-25

jl787-26

■関連記事
JAL、東京/成田〜ジャカルタ線にボーイング787-9型機投入 7月1日から