LOTポーランド航空日本就航、東欧・中欧へ唯一の直行便に デイリー化も視野

lot2

LOTポーランド航空は、東京/成田〜ワルシャワ線に2016年1月14日から週3便を就航すると発表した。日本からワルシャワや、中欧・東欧への直行便は運航しておらず、唯一の直行便となる。

都内で発表会見が行われ、セバスティアン・ミコシュ最高経営責任者(CEO)が来日し、世界に先駆けて発表した。

乗り入れ機材は、LOTビジネスクラス18席、LOTプレミアム・エコノミークラス14席、LOTエコノミークラス220席の3クラスを配置したボーイング787−8型機を使用する。現在、ボーイング787−8型機を6機保有しており、2017年末までに8機体制に拡大する予定。既に、長距離路線ではボーイング787−8型機のみで運航している。

lot1

LOTポーランド航空は、2013年から2015年まで、公的資金を投入した事業再構築計画の期間となっており、新路線の開設が制限されている。そのため、期間が経過した2016年1月から就航が行われる。

所要時間は約10時間から11時間で結び、LOTポーランド航空の最長路線となる。ワルシャワでは、ロンドン・リガ・プラハ・ブダペスト・ジュネーブ・コペンハーゲン・フランクフルト・パリなどのヨーロッパ各都市との接続も可能で、乗り継ぎ客は40%から50%になるほか、30%がビジネス、70%がレジャーでの利用を見込んでいる。少なくとも1名以上の日本人客室乗務員が乗務し、日本語でのサービスも提供する。

共同運航(コードシェア)については、同じくスターアライアンスに属する、全日空(ANA)と交渉中。東京/成田からの国内線の利用は10%ほどと見込み、日本国内線でもコードシェアを計画している。

■ダイヤ
LO080 東京/成田(11:05)〜ワルシャワ(14:40)/月・木・土
LO079 ワルシャワ(15:00)〜東京/成田(09:20)/水・金・日

■関連記事
LOTポーランド航空、東京/成田〜ワルシャワ線就航 来年1月14日から週3便
【速報】LOTポーランド航空、日本乗り入れへ 近日中に正式発表