JAL、ヤマハの「おもてなしガイド」を活用し日本語アナウンスを翻訳 羽田空港で実証実験

omotenashi

日本航空(JAL)とヤマハは、ヤマハが提供する日本語のアナウンス内容を翻訳する「おもてなしガイド」アプリを活用した実証実験を、6月22日から9月30日まで、羽田空港の国内線搭乗口で実施すると発表した。
対象便は6月22日から7月17日までは、と大阪/関西行きのJAL221便と229便の2便となり、7月18日以降の対象便は別途設定する。

「おもてなしガイド」は、日本語のアナウンス音声の翻訳情報・文字情報が、スマートフォンからリアルタイムで確認できるアプリ。iOS7.0以上に対応する。対象言語は日本語、英語、中国語。 

今回の実証実験では、「おもてなしガイド」をダウンロードしたスマートフォンでは、インターネットやWi−Fiに接続することなく、JAL係員が肉声で実施しているアナウンス内容を文字情報として確認できる。

詳細はこちら