ボーイング、中部国際空港に787型機飛行試験機を寄贈

787

ボーイングは、中部国際空港にボーイング787型機の飛行試験機(ZA001号機)を寄贈すると発表した。

ボーイング787型機の機体構造体の35%は中部地域で生産されており、大型貨物機のドリームリフターで、ボーイングのアメリカ国内最終組立工場に輸送されている。ZA001号機は、日本唯一のドリームリフター就航地点である中部国際空港や中部地域へ里帰りすることとなる。

 
ZA001号機は、2009年12月15日に12,000人以上が見守る中、アメリカ国内のボーイング787型機の組立工場に隣接するペーンフィールド空港で初飛行した、飛行試験1号機。

中部国際空港はZA001号機の展示等を今後検討。この展示により、中部地域の次世代産業である航空機産業への関心を一層高めることができ、その振興活動に積極的に貢献できるとしているほか、将来の航空機産業を担う若年層への啓発・教育活動に繋がると考えるとしている。