ベトジェットエア、首都圏初乗り入れ シルバーウィークにチャーター便

airbus

ベトジェットエアは、9月19日から23日に、茨城〜ハノイ間でチャーター便を就航すると発表しました。1往復のみの運航となります。

ベトジェットエアは、2011年12月に、ホーチミン〜ハノイ線で運航を開始。2014年12月にチャーター便として、大阪/関西〜ハノイ線に就航し、日本初乗り入れ。首都圏への乗り入れは、航続距離の関係からエアバスA321型機の受領後としており、今年3月に同型機を受領していました。

機材は、エコノミークラス200席を配置した、エアバスA321型機を使用します。

JTB関東法人営業宇都宮支店と法人営業水戸支店で販売を行います。

■関連記事
ベトジェットエア、エアバスからA321型機を初受領 エアバス通算9,000機目の引き渡し

詳細はこちら