日本エアコミューター、ATR42-600型機導入 確定8機・オプション1機を発注

tm_ATR

日本エアコミューター(JAC)は、ATR42-600型機の導入を決定し、確定8機、オプション1機、14機の購入権の契約を締結した。2017年の運航開始に向けて導入準備を進める。

日本の航空会社では、ATR機の導入は天草エアラインに次いで2社目。天草エアラインの新機材は、今夏にも日本到着を予定している。

JALの安嶋新代表取締役社長は、「最新鋭のターボプロップ機であるATR42-600型機のもつ快適性、経済性および信頼性と、JACがこれまで30年余に渡って築きあげた安全運航体制の融合によって、種子島や屋久島、奄美群島など、鹿児島の離島をはじめとした西日本の各地をきめ細かく結び、JALグループの利便性の高いシームレスな航空ネットワークサービスを提供します。」とコメントしている。

ATRにとって、JACのATR42-600型機の発注は累計1,500機目の契約となった。

詳細はこちら