ANA、メキシコシティ営業支店開設 ヒューストン支店下に7月1日付けで

ANA(メイン)

全日空(ANA)は、7月1日付で組織改正を行うと発表し、ヒューストン支店下に、メキシコシティ営業支店を開設することを明らかにした。

中米マーケットの開拓のためとしており、現在オリエンタルエアブリッジに出向している、大下秀史氏を営業支店長に任命する。

現在、日本とメキシコの間は、アエロメヒコ航空が東京/成田〜メキシコシティ線を週4便を運航。政府間取り決めによる4便の制限の上限まで運航を行っている。東京/成田発は直行便で、メキシコシティ発はモンテレーを経由している。過去には、日本航空(JAL)が、東京/成田〜バンクーバー〜メキシコシティ線を運航していたものの、バンクーバー以遠は撤退している。

ジェトロ(JETRO)によると、日本企業の投資は2009年には約4億9000万ドルだったところ、2013年には約15億4000万ドルにまで拡大。2013年10月現在、約630社が拠点を設けている。

ANAは、6月12日に、東京/成田〜ヒューストン線を開設。ヒューストンは共同事業を展開するユナイテッド航空の拠点で、メキシコや中南米への乗り継ぎ需要の強化を狙う。

■ダイヤ
NH174 東京/成田(11:15)〜ヒューストン(09:30)
NH175 ヒューストン(11:20)〜東京/成田(15:20+1)

■関連記事
ANA、東京/成田〜シンガポール・バンコク線の増便を正式発表! 1日2便体制に

詳細はこちら