JAL・ANA、「東京オリンピック・パラリンピック」のオフィシャルパートナーに

tokyo2020

全日空(ANA)と日本航空(JAL)は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックと、2016年から2020年までに開かれるオリンピック・パラリンピック日本代表選手団への協賛を含む、「東京2020オフィシャルパートナー(旅客航空輸送サービスカテゴリ)」の契約を締結した。

きょう6月15日午後1時から、都内で東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長、ANAの篠辺修代表取締役社長、JALの植木義晴代表取締役社長らが出席して、会見と調印式を行っている。

ANAとJALは、安定的な大会運営や日本選手団のサポート、ビッグムーブメントの盛り上げに積極的に参加する。

また、ANAは、代表取締役副社長執行役員の内薗光一氏を、「東京オリンピック・パラリンピック推進担当役員」に任命した。

両社ともに契約期間は2020年12月31日まで。