海老名駅に直結の「ららぽーと」、10月29日にオープン

mitsui


三井不動産は、10月29日、神奈川県海老名市に海老名駅に直結したリージョナル型ショッピングセンター「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」を開業すると発表した。

ショップ数は262店舗で、敷地面積は33,000平方メートル、延床面積は121,000平方メートルとなる。駐車台数は約1,800台。営業時間は、物販・サービス店舗は午前10時から午後9時まで、フードコートとレストランは午前11時から午後11時まで。

空間デザイン・ショップ・イベントの複合的な組み合わせによって新しい海老名のコミュニティの場となる施設のセントラルゾーン「EBICEN(エビセン)」、昼と夜で異なる雰囲気を演出し、ディナータイムも楽しめるフードコート「EVVIVA!(エヴィーバ!)」、人気のスーパーマーケットをはじめ、多彩なラインナップで新しい食のスタイルを提案する食物販ゾーン「EBINA Food Selection(エビナ フード セレクション)」に加え、ハイセンスなファッションや雑貨で上質なライフスタイルを発信する話題のショップを集結させた。

詳細はこちら