観光庁、ネット旅行業者とのトラブル防止にガイドライン策定

観光庁

観光庁は、インターネットでの旅行業者(OTA)と消費者との間でのトラブル防止を図るため、「オンライン旅行取引の表示等に関するガイドライン」を策定した。

「OTA等に関する基本情報」、「問合せ先に関する事項」、「契約条件に関する事項」、「契約内容確認画面等」の各事項の、適切な表示内容、表示方法等のあり方を定めており、表示の適正化が図られるともに、旅行者にとってよりわかりやすい表示となるように取り組むよう期待するとしています。

また、一般の消費者向けに、OTA等の旅行予約サイトを利用する場合の確認事項を整理した啓発チラシを作成。今後観光庁ホームページ等でPRする。

詳細はこちら