ジェットスターグループ、クアラルンプールの発着ターミナルをKLIA2に移転

P1000010

シンガポールを拠点とするジェットスター・アジアとジェットスターは、クアラルンプール国際空港の発着ターミナルを、7月8日から第2ターミナル(KLIA2)に変更すると発表した。

KLIA2は現在利用している第1ターミナルから約2キロ近く離れている。市内からは、KLIAエクスプレスとKLIAトランジットでアクセスすることができる。チェックインカウンターは「Z」を利用する。

KLIA2は、エアアジアグループやセブパシフィック航空、マリンド・エア、タイガーエア、ライオンエアなどが使用している。

詳細はこちら