アシアナ航空、韓国発着中国・台湾線4路線で減便 8月まで


oz

アシアナ航空は、ソウル/仁川と釜山を発着する4路線で、一部便を運休すると発表した。

対象となるのは、ソウル/仁川〜上海/浦東・香港・台北/桃園線と釜山〜北京線。

ソウル/仁川〜上海/浦東線と釜山〜北京線は、6月22日から7月19日まで1往復を運休。ソウル/仁川〜台北/桃園線は、6月24日と25日、7月1日から15日まで1往復を運休ウル/仁川〜香港線は、6月9日から15日までと7月22日から8月16日までは1往復、6月16日から7月21日までは2往復を運休する。路線により一部の日には運航を行う。

韓国線は、中東呼吸器症候群(MERS)の流行で旅客需要が急減していることから、一部の航空会社ですでに減便などを決めている。

詳細はこちら