カンタス航空、燃油サーチャージを運賃に組み込み 国交省から認可

P1010127

カンタス航空は、燃油サーチャージを運賃に組み込むと発表しました。

8月1日以降日本出発分かつ7月1日以降予約分が対象で、6月1日に国土交通省から認可を取得した。7月31日までの日本出発分と6月30日まで発券する8月1日以降日本出発分では、片道あたり10,500円の燃油サーチャージを徴収する。

これは、カンタス航空がすでに発表している、全世界的な運賃改定の一環で、順次他の国際線でも実施するとしている。

すでに、マレーシア航空は2014年4月から、ニュージーランド航空も5月25日以降発券分かつ10月1日以降日本出発分で燃油サーチャージの運賃への組み込みを行っている。

■関連記事
ニュージーランド航空、燃油サーチャージを廃止し運賃組み込みへ

詳細はこちら