投資会社が、「オキナワマリオットリゾート&スパ」を取得 約150億円で

mokinawa

ジャパン・ホテル・リート投資法人が運用を委託する、ジャパン・ホテル・リート・アドバイザーズは、「オキナワマリオットリゾート&スパ」を取得、貸借することを決定と発表した。

沖縄は高い成長が見込まれるとしており、国や県に寄る観光推進施策や、ユー・エス・ジェイ(USJ)が新たなテーマパークを建設することを検討していることから、「安定性とアップサイド・ポテンシャルの両立」が追求できるとして取得を決定した。取得予定価格は149億5000万円。

「オキナワマリオットリゾート&スパ」は、地上14階建て361室。46平方メートルを基準とする広い客室や、バルコニー、スパ、フィットネス、県内最大級のガーデンプールなどを擁しているほか、上階2フロアーの62室はクラブフロアーとして、ラウンジや専用のレセプションを設けている。

近隣には、ザ・ブセナテラスやザ・リッツ・カールトン沖縄などのハイエンドリゾートホテルが密接するエリアであることから、「ミドルクラスリゾート」の顧客を取り込むことができ、収益のアップサイドを追求できるほか、クラブフロアーは平均客室単価を上げることが出来る、戦略商品になり得るとしている。

那覇空港からは沖縄自動車道経由で70分、リムジンバスも乗り入れている。美ら海水族館やナゴパイナップルパークなども近い。