岩手県北バスとヤマト運輸、路線バスを活用し宅急便輸送 「ヒトものバス」披露

hitomono

岩手県北バスとヤマト運輸は、路線バスを活用した宅急便輸送「貨客混載」を開始した。これに合わせ、路線バスの後部座席を荷台スペースにした開発車両「ヒトものバス」をお披露目した。 
対象となるのは、盛岡〜宮古間の都市間路線バスと、宮古市内から重茂半島を結ぶ路線バス。利用者数が減っている中での路線バス網維持のための生産性向上と、長距離トラックのドライバー不足による物流網維持などの課題を克服する取り組みとして、注目が集まっている。

荷物は、ヤマト運輸の北上市の物流ターミナルから盛岡西営業所に運ばれ、都市間路線バスに搭載し宮古営業所へ。重茂路線バスに積み替えられ、重茂車庫でヤマト運輸のドライバーに引き渡される。

詳細はこちら