スカイマーク最大債権者、複数航空会社に連携打診 デルタ航空などに

bc5

スカイマークの最大の債権者であるイントレピッド・エアクラフト・リーシング・エルエルシーが、スカイマークの再生計画案で、スポンサーとしての支援を複数の航空会社に連携を打診していることがわかった。日本経済新聞電子版など複数メディアが報じた。

複数の航空会社への支援を要請したとしているものの、明らかになっているのはデルタ航空のみで、それ以外の航空会社についてはわかっていない。

イントレピッドは、東京地裁に独自の再生計画案を提出。エアラインのスポンサーは選定中としていた。