キャセイパシフィック航空、大規模スト回避 労組と合意で

P1000016

キャセイパシフィック航空は、客室乗務員が組織する労働組合との間との協議が、6月1日に合意したと発表した。

5月には、香港国際空港で客室乗務員約1,000名が座り込みを行っており、夏にも大規模なストライキを示唆していた。合意により、ストライキは回避された。

35オーストラリア・ドル(約3,340円)に減額していた、メルボルン行きに乗務した客室乗務員の昼食補助は60オーストラリア・ドル(約5,800円)の従来通りの金額に戻ったほか、賃金についても、多くで組合側の主張に会社側が応じた。

キャセイパシフィック航空は、「客室乗務員や他の従業員、香港や世界中の利用者、香港経済にとって最善の結果。」との声明を発表している。

詳細はこちら