大韓航空、アリタリア航空とエールフランス航空とのコードシェア拡大 20路線以上で

ke1

大韓航空は、同じくスカイチームにする、エールフランス航空とアリタリア航空の2社と、共同運航(コードシェア)を拡大した。

6月1日より、エールフランス航空が運航する、パリとリヨン・トゥールーズを結ぶ国内線2路線、バルセロナ、マドリッド、ジュネーブ、ベルリン、デュッセルドルフ、ミュンヘン、シュトゥットガルト、カサブランカを結ぶ国際線8路線の計10路線でコードシェアを実施。

また、6月4日より、アリタリア航空が運航するソウル/仁川〜ローマ線にもコードシェアを拡大。すでにコードシェアを実施している、大韓航空が運航するソウル/仁川〜ローマ・ミラノでもコードシェアを継続する。さらに、ローマとミラノ、ヴェネツィア、ボローニャを結ぶイタリア国内3路線と、アテネ、バルセロナ、マドリッド、ミュンヘン、ブダペスト、カイロ、カサブランカを結ぶ国際線7路線の計10路線でもコードシェアを実施する。