2015年1月~3月の欠航率、ワーストはエア・ドゥ 春秋航空日本は欠航ゼロに

32

国土交通省は、6月1日、特定本邦航空運送事業者に関する航空輸送サービスに係わる情報公開(平成27年1月~3月)を発表した。

発表によると、格安航空会社(LCC)のうち、欠航率がワーストとなったのは、2.22%でジェットスター・ジャパンとなった。2位以下はピーチ、バニラエア、春秋航空日本の順。春秋航空日本の欠航はゼロだった。また、天候事由を除くと、バニラエアも欠航はゼロとなっている。

対象となる全航空会社でトップとなったのはエア・ドゥで5.67%となった。スカイマークはエアバスA330型機の運航停止が響き、4.79%となった。

■関連記事

2014年4月〜6月のLCCの遅延率発表、トップはピーチ バニラは大幅改善

2013年7月〜9月のLCC3社の欠航率、Peachは機材繰りでの欠航ゼロに!

詳細はこちら