エア・ドゥ、深夜臨時便の運航を10月まで拡大 札幌方面への臨時バスも

hd2

エア・ドゥは、7月から8月の計5日間を予定していた、東京/羽田〜札幌/千歳線で深夜便の運航を拡大し、10月まで運航を行うと発表した。

いずれも、全日空(ANA)と共同運航(コードシェア)を行い、ボーイング737−700型機で運航する。

運賃は、75日前まで予約ができる「AIR DOスペシャル75」では、10,200円からとなる。

新千歳空港からは、フライトの到着に合わせて札幌都心方面への臨時バスを運行。22番乗り場から午後11時20分に出発する。羽田空港からは、公共交通機関の運行は終了しているため注意が必要。天然温泉平和島は、オプションプランを用意している。

■ダイヤ
ADO139 東京/羽田(21:30)〜札幌/千歳(23:05)/7月20日・26日、8月14日・15日・16日、9月6日・13日・19日・22日・23日・27日、10月4日・11日・12日・18日
ADO140 札幌/千歳(23:00)〜東京/羽田(24:40)/7月20日・26日、8月14日・15日・16日、9月6日・13日・19日・22日・23日・27日、10月4日・11日・12日・18日

詳細はこちら