ゴールドカード持つ人は海外渡航時のストレス減少 VISA、異なるカードを持つビジネスパーソンの海外渡航を比較したムービー公開

メイン①

ビザ・ワールドワイド(VISA)は、ゴールドカードの有無で変化するビジネスパーソンの海外渡航体験を比較したムービー、「The difference~海外渡航における異なる体験~」を公開しました。

動画では1泊2泊のシンガポール出張に出かける異なるクレジットカードを持った2人のビジネスパーソンを比較。VISAゴールドカードを持つことで手荷物の一時預かりや空港のラウンジサービス、ゴールドカードデスク、モバイルWi-Fiルーターレンタルサービス、付帯海外旅行傷害保険、空港宅配のサービスなどが利用でき、クレジットカードの違いで異なる体験ができるということが分かります。
nonames (2)

さらに、同社では異なる体験によるストレスの感じ方の違いを検証する目的で、海外渡航に関する意識調査を実施。海外渡航中にストレスを感じているクラシックカードユーザーが26.7%であったのに対し、ゴールドカードユーザーは3.3%と、クラシックカードユーザーと比較してゴールドカードユーザーは海外渡航中にストレスを感じていないということが分かりました。
 
nomos

海外渡航中にストレスを感じた理由について尋ねたところ、言葉が通じなかった、電話やインターネットなどの通信手段、空港の待ち時間が快適でなかったといった理由が挙げられていましたが、そのすべての理由においてもゴールドカードユーザーの方がストレスを感じていないという結果となっています。