マレーシア航空がヨーロッパ線から短中距離路線へシフトか 発着枠はエアアジアXやマリンドエアに割り当てへ

マレーシア航空

経営再建中のマレーシア航空は、ヨーロッパなどの長距離路線から地域間の短中距離路線へのシフトを行う計画であることがわかりました。

The Malaysian Insiderは、マレーシアのLiow Tiong Lai運輸相が、マレーシア航空のヨーロッパ線の運休に伴い空いた発着枠を、エアアジアXとマリンドエアに割り当てる方針を明らかにしたと報じています。

マリンドエアのヨーロッパ線就航計画は明らかになっておらず、また中距離線を運航する機材を保有していないため、詳しいことはわかっていません。

マレーシア航空は、クアラルンプール〜メルボルン・ジャカルタ・バンガロールの3路線で、期間運休や運航日の変更を行っているほか、フランクフルト線からは撤退しています。さらに、エアバスA380型機などの売却を検討しているとみられています。

詳細はこちら