新型スカイライナー、5年弱で利用者1500万人達成 記念セレモニー開催


38

京成電鉄は、2010年7月から運行を開始した、新型スカイライナーの利用者が1500万人を達成したことを記念し、5月20日、成田空港駅で記念セレモニーを開催した。

新型スカイライナーは、成田スカイアクセス線の開業に合わせて運行を開始。日本の在来線では最速となる時速160キロで、都心と成田空港を最速36分で結んでいる。


セレモニーでは、1500万人目の利用者に、花束と旅行券10万円分を贈呈した。また、1500万人目の乗客を迎えた、スカイライナー10号の乗客全員に記念品をプレゼントした。

スカイライナーの先頭車両には、記念ヘッドマークを掲示している。

詳細はこちら