ANA、羽田空港でセルフ手荷物預けサービス5月下旬にも開始へ 完全セルフは日本初

nh3

全日空(ANA)は、5月下旬より、羽田空港発の国内線を対象に、セルフでの手荷物預けサービス「ANA BAGGAGE DROPサービス」を開始する計画です。

機械の中に荷物を入れて、ICや2次元バーコードを機械にタッチしてタグを発行するだけで預け入れが可能。ゴルフバッグやスキー、スノーボード、サーフボード、ベビーカーなどの大型手荷物や、ペットなどの特殊手荷物は対象外。設置場所は、第2ターミナルの30番台カウンターとなります。

すでにセルフでのタグ発行は、日本航空(JAL)やスカイマークが導入しているものの、全自動で預け入れまで行うことができるのは、ANAが初めてとなります。

詳細はこちら