東京ディズニーシーにニモとドリーの世界が舞台の新アトラクション 「ストームライダー」はクローズへ

orc

オリエンタルランドは、東京ディズニーシーのポートディスカバリーに、ディズニーピクサー映画「ファインディング・ニモ」と、2016年7月公開予定の「ファインディング・ドリー」の世界を舞台とした新アトラクションの2017年春の導入を決定したと発表した。

「ファインディング・ニモ」シリーズの映像とライドシステムの動きを融合させることにより、映画の海底の世界を体験できるアトラクションで、魚サイズに縮むことができる潜水艦に乗り込み、ニモやドリーたちと同じ目線で、広い海の世界を冒険することができる。「ファインディング・ドリー」の映画制作スタッフが参加し、スクリーンで展開される美しい海の世界がアトラクションで再現される。
体験時間は5分で、1キャビン当たり122名が乗車できる。キャビン数は2台で、身長90センチ以上、3歳以上が利用できる。総投資額は50億円。

これにともない、現在あるアトラクションの「ストームライダー」は、2016年5月中旬をもってクローズする。

詳細はこちら