スクート、2016年3月までにボーイング787型機11機導入へ 1年で機材数倍増

scoot

スクートは、2016年3月までに、ボーイング787型機を11機導入する計画です。

シンガポール航空が決算発表で明らかにしたもので、2015年3月31日時点では、ボーイング777−200型機4機とボーイング787-9型機2機の計6機で運航していることから、機材数はほぼ倍増します。これにより、供給座席数は約30%増加する計画です。

シンガポール航空から導入した、ボーイング777−200型機は新機材の導入に伴い退役を進め、2015年2月には1機をシンガポール航空に返却、同4月には1機を売却しています。

現在、スクートは、東京/成田〜台北/桃園〜シンガポール線にのみ就航していますが、大阪/関西と高雄、シンガポール、バンコク/ドンムアン線の開設を5月21日に発表します。東京/成田線は9月より、ボーイング787−9型機での運航に置き換えます。