ニュージーランド航空、新機内安全ビデオ「サーフィン!サーフィン!サーフィン!」編発表! 日本人も登場

NZ1

ニュージーランド航空は5月14日、歴代の偉大なサーファーたちを集めて撮影した機内安全ビデオ「サーフィン!サーフィン!サーフィン!」編を発表した。

NZ2
 

機内安全ビデオ「サーフィン!サーフィン!サーフィン!」編は、 日本のトップサーファーである大野修聖氏、2014年世界チャンピオンのガブリエル・メディナ氏、3度の世界チャンピオンを誇る、ミック・ファニング氏、 ビッグ・ウェーブ・サーフィン[A1] のレジェンドであるレアード・ハミルトン氏、 米国の人気サーファーであるアラナ·ブランチャード氏とアナスタシア・アシュリー氏、 そしてニュージーランドのトップクラスのサーファーたちが出演し、アメリカのマリブ、 オーストラリアのゴールドコースト、 そニュージーランドのラグランとピハで撮影した。
NZ3

ニュージーランド航空は、1年半前にクック諸島で撮影した機内安全ビデオ「パラダイス」編でコラボレートした「スポーツ・イラストレイテッド」誌と再度組み、同誌モデルで、アメリカのビッグ・ウェーブ・サーファーであるアナスタシア・アシュリー氏も登場する。

さらに、サーフィン場面を撮るためのHDアクションカメラでは、GoProと協力した。 GoProは、友人がサーフィンしている姿をプロ品質の動きのあるショットによりよく収めたいと方法を模索していた創業者の発案をもとに誕生したことで知られている。

■関連記事
ニュージーランド航空、映画ホビットのキャストが出演した「壮大過ぎる機内安全ビデオ」を公開!