JAL、USJのオフィシャルエアラインに 貸切日のスタジオ・パスが当たるキャンペーンやラウンジ提供も

USJ

日本航空(JAL)とユニバーサル・スタジオ・ジャパンを運営するユー・エス・ジェイ(USJ)は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの「コーポレート・マーケティング・パートナーシップ契約」に調印し、JALはユニバーサル・スタジオ・ジャパンのオフィシャルエアラインとなった。

JALは、人気アトラクション『バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド』に協賛するほか、オフィシャルエアライン記念キャンペーンとして、9月24日に開催するJALプレミアムナイト<ユニバーサル・スタジオ・ジャパン貸切>のスタジオ・パスがあたるキャンペーンを開始。JALマイレージバンク(JMB)会員を対象に、JALプレミアムナイト当日のスタジオ・パスへの交換を7月中旬より、通常営業日のスタジオ・パスへの交換を7月1日より開始する。
 
さらに、パーク内「JALスポンサーラウンジ」の提供を、対象者限定で行う。