エア・タヒチ・ヌイ、全機置き換え ボーイング787−9型機に

エア・タヒチ・ヌイ(メイン)

エア・タヒチ・ヌイは、ボーイング787−9型機を2機、確定発注した。リース会社を通じても2機を導入する計画で、計4機を運航する。

同社保有機の全てにあたる、エアバスA340-300型機全機を置き換える計画で、2018年後半にも受領を開始する予定。

ボーイング民間航空機部門アジア太平洋及びインド地区セールス担当上級副社長のディネッシュ・ケスカー氏は、「エア・タヒチ・ヌイとの新たな提携を誇りに思います。787-9型機は、長距離及び中距離路線のフライトに対応可能で、燃料使用量が少なく経済的、また”ドリームライナー”の愛称で知られるように、お客様に快適な空の旅をお過ごしいただけるように様々な工夫が施されています。その一つとして、機内と地上とで大きく異なる気圧の差を少なくし、加湿器を標準搭載して極度の乾燥を防いでいます。さらに、これまでにない大きな窓も特長で、壮大な景色を映し出すことにより、窓側のお座席に限らず、すべてのお客様に窓から見えるタヒチの絶景を楽しんでいただけるようになっています。」と述べている。

詳細はこちら