タイムズカープラス、利用あたり206円でノンオペレーションチャージ免除に 「忘れ物取り出し機能」の提供も

times

タイムズ24は、4月より、カーシェアリングサービス「タイムズカープラス」で、利用終了後に会員カードのみでドアロックを解除し、忘れ物を取り出すことができる「忘れ物取り出し機能」と、事故の際などに支払う必要がある、ノンオペレーションチャージ(NOC)が免除となる「TCP安全補償サービス」の提供を開始した。

これまでは、入会時に登録した携帯電話のメールアドレスに返却証メールが送付され、メール内からの手続きでドアロックの解除が可能となっていたものの、利用終了後の一定時間内であれば、手続きの必要なく会員カードを車両センサー部分へかざすだけで、簡単にドアロックが解除できる。

また、事故の際に支払うNOCとタイヤ損傷時の実費金額が免除となる「TCP安心補償サービス」を1利用あたり税込み206円で提供する。「TCP安心補償サービス」には、予約時に加入する必要があり、車を利用する機会が少なく、運転に不慣れな方でも安心して利用できるとしている。