デルタ航空、チャイルドシートの安全性検討で規約見直し フルフラットの「デルタ・ワン」は乳児の単独使用不可に

P1000119

デルタ航空は、チャイルドシートの安全性を検討し、利用規定を変更した。

フルフラットになるビジネスクラスの「デルタ・ワン」とファーストクラスでは、チャイルドシートを使用した利用ができなくなる。これにより、2歳未満の乳児は、常時同伴者に抱かれて過ごす必要がある。

「デルタ・ワン」のうち、対象となる機材は、エアバスA330-200型機、A330-300型機、ボーイング777型機、747型機。

詳細はこちら